水分補給の大切さ


人間の体の約60%が水分、体水分量を適切に保つ事は健康の秘訣です。栄養も老廃物も水がなければ体の中を巡りません。 体に良い水は、世の中にはたくさんあると思いますがとりあえず体に悪い水は避けましょう。

それは、水道水、純水、お白湯です。

水道水には塩素が含まれています。体には良くないのでとりあえずカートリッジをつけて塩素を除去することをお勧めします。

純水は、体が保持しているミネラルを溶け出させてしまう危険性があります。

お白湯は、お水をわざわざ沸騰させて作ります。溶媒酸素がなくなって体を壊す水になります。


冬場など冷たい水が飲みにくい場合は少し温めたものを摂取するのは良いですが、健康な人が常温の水を飲むのは問題ありません。


15度位の温度の水が酸素が含まれていると言われます。

夏場に少しひんやりしたお水を飲むのはむしろ気持ちが良いと思います。


自分の体調に合わせて過不足なく水分を補う事は結構難しいことだと思うのです。


#水分補給#水道水#純水#お白湯#アーユルヴェーダ#アーユルヴェーダスパカイラリ

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示