ボールトリートメント!そのルーツはアーユルヴェーダにあり

最終更新: 6月23日

ハーブボールで行うマッサージは、筋肉や皮膚の緊張をほぐし、リンパの流れを促します。アーユルヴェーダのオイルトリートメントと合わせて行えば、相乗効果で結果が出るように思います。お客様にもとても気持ちが良いと評判です。


アジアの国々の伝統療法には、それぞれのハーブトリートメントがあります。

タイではその名をルックプラコブ。基本の”セン”に沿って、ボールを身体に押し当てていきます。タイのハーブボールは通常スチーマーであたためます。水分をふくませながらハーブエキスを抽出し、トリートメントに使用します。


ハーブボールとマッサージ……なんと贅沢なトリートメントでしょうか。


このトリートメントの原形となっているものが、実は……インドのアーユルヴェーダにあるのです。

インドは油の文化。ハーブボールは、スチームで温めるものもありますが、オイルであたためて使用したりもします。

代表が最初にカイラリ社のギータ女史をたずね、日本人にもできるマッサージ以外のアーユルヴェーダトリートメントを紹介してほしいと頼んだとき、このハーブボールを教えてくださいました。 写真はそのときのものです。

これは、エラキリといって、現地のフレッシュハーブを用いたハーブボールです。


他にも、カリキリ、ポリキリ、ナバラキリ、等アーユルヴェーダには、バラエティに富んだハーブボールメニューがあります。

ハーブボールのトリートメントを受けてみたいと思われましたら、アーユルヴェーダスパ カイラリまで、どうぞお気軽にお問合せください。 お問合せはこちらです。 トリートメントのご予約はこちらです。


#アーユルヴェーダ #カイラリ #横浜元町 #ハーブボール #アーユルヴェーダスクール

3回の閲覧
ADDRESS
〒231-0861 横浜市 中区 元町1-28-1 大野ビル2F